え ぶ ろ ぐ

横浜市にあるルアーショップ エブアンドフローの新しいブログです。入荷状況、釣果情報などご紹介させていただきます。〒245-0003 TEL&FAX 045-815-3588 神奈川県横浜市泉区 岡津町242-1 岡津IKビル204  Webショップはこちらへ http://ebbflow.co.jp

ハンマーヘッド D-CUPなどの入荷情報です〜

最近は頑張って更新してます店長です〜

 

今日は入荷情報をお知らせ致します!

 

GTやキハダで実績のあるハンマーヘッドD-CUPが久しぶりに入荷致しました。

f:id:ebbflow:20190915201450j:image

重さも、そんなに重くなく誰でもキレのあるポッピングができるルアーです。

f:id:ebbflow:20190915201555j:image

既に、売り切れてるカラーもありますが、GTアングラーの皆様は是非お早めにどうぞ。

f:id:ebbflow:20190915201646j:image

Webショップでも徐々に更新してアップさせて頂きますね!

 

http://ebbflow.co.jp/ エブアンドフローでのお買い物はこちらへ。

 

他の入荷情報もあります〜1部お知らせ致します!

 

 

リップルフィッシャーの元祖ボートシーバスのビックベイト用ロッドです!

 

これから始まるコノシロパターンに合わせて是非お早めにご準備くださいねー堅牢な作りとしなやかなフィーリングはこのロッドならではです。

 

f:id:ebbflow:20190915202727j:image

 

 

トゥルースJAPANのビッグベイト用のロッドです!

TRUTH JAPAN Rucell 511 「ラッセル」
Length : 5ft11inch Line : ~PE4
Lure : ~120g 前後 Rod Weight : 159g
コノシロに着いたランカーシーバス。
ボートから 100g を超えるトップウォータープラグで狙うためのベイトキャスティング モデル。

f:id:ebbflow:20190915201957j:image

季節物なんでお早めに〜

 

カーペンターのスプリットリング、ボールベアリングスイベルなどフルラインナップしてます〜宜しくお願い致します。

f:id:ebbflow:20190915203802j:image

以上、宜しくお願い致します!

 

f:id:ebbflow:20190915204111j:image

 

えぶろぐ日記 その4 カンパチジギング リーダー編

http://ebbflow.co.jp/ エブアンドフローでのお買い物はこちらへ。現在中古のロッド充実してます!宜しくお願い致します。

 

f:id:ebbflow:20190914224709j:image

カンパチジギングの悩みの1つがリーダーの太さです。

 

ヒラマサやブリよりも太さのセレクトが本当に難しいんです。

 

なぜなら、エリアエリアで喰うリーダーのMAX値が違うからです。

 

MAX値とは、例えばこのエリアであれば、100ポンドリーダーまではどの条件でも喰ってくるんですが、130ポンドリーダーにしたら、全く喰って来ないという感じで、そのエリアで魚が喰って来る、最大のリーダー太さの事です。

 

これは今までの経験から割り出しておりますので、具体的には書きませんが、確実にあります。

f:id:ebbflow:20190914224859j:image

奄美エリアや与那国島エリア、小笠原エリア、男女群島エリアなど場所により全く異なります。

 

ナイロンリーダーの230ポンドでも喰うエリアもあれば、フロロの60ポンドまでしか喰いが悪いエリアもあります。

 

これは過去20数年、様々な痛い思いをして来たデータの積み重ねですので確実な答えではないかもしれませんが、答えに近い存在だと思っています。

 

あくまでも過去のデータですので、釣りに行く度に更新されますので、昨日までの答えが、明日は間違いなるかも知れませんので、具体的には書きませんが店舗で是非お聞きくださいねー。

f:id:ebbflow:20190914224929j:image

あとはリーダーの太さが太い程、フォールが遅くなり、リーダーが細いほどジグの動きが良くなりより大型魚が喰う傾向にあります。

 

そこが、カンパチゲームの面白いところでもあります。

 

このエリアではこの戦略で!という事を日々考えるだけでもワクワクします!

 

 

次回はノット編か、ルアーアクション編か、ルアーカラー編のどれかを書こうと思います。宜しくお願い致します。

f:id:ebbflow:20190914225031j:image

* 画像は19年前に筆者がハワイのコナ沖で釣った約25キロのカンパチです。10キロから最大48キロまで沢山の魚をキャッチする事ができました。今の道具とテクニックがあればさらに倍は釣れたと思いますww

 

 

えぶろぐ日記 その3 カンパチジギング ライン編

http://ebbflow.co.jp/ エブアンドフローでのお買い物はこちらへ。お電話でも大丈夫ですのでお気軽にどうぞ。カレンダーに営業時間を書いてありますのでご来店前にはご確認ください。

 

今日は店舗はお休みいただいてますので、スマホからえぶろぐ日記その3 ライン編を更新します。

 

f:id:ebbflow:20190914114218j:image

カンパチジギングのラインの歴史はまずは、ナイロンラインからPEラインに変わったことで劇的に進化します。

 

それまで100m水深のジギングさえキツかったのが一気に200mまで射程圏内になりました。

 

そのPEラインも様々な進化を遂げ、今の様な形になりました。(ここはざっくりカットw)

f:id:ebbflow:20190914114308j:image

その中で今の時代、カンパチのラインをセレクトするのは非常に難しいです。なぜなら、狙う水深と潮の速さと狙う魚の大きさの事を考えなくてはならないからです。

 

例えば、今回の小笠原ひとつをとってみても、ディープエリア(150-250m前後)であれば、3号〜5号、シャローエリア(50m〜100m前後)であれば、5号〜8号をセレクトします。

 

私は4号、5号、6号、8号のラインを選択して持って行きました。

 

潮が速いと底が取れないので細い糸を使いたいのですが、その糸で60-80キロのカンパチが獲れるの?と自問してみます。

 

イソマグロであれば100キロオーバーの可能性もあります。小笠原の大型がいるエリアに入れば、シャローエリアで大型のカンパチがどんどんかかりますが、ラインが細いとブチブチ根ズレでやられまくります。

 

結論をいえば、最低限底がとれて、アングラーがどれくらいの大きさのカンパチを狙うか?というところの妥協点がラインセレクトの答えです。

f:id:ebbflow:20190914114453j:image

このあたりは、行かれる場所やその時の潮加減もありますので、私にご相談ください。お持ちのタックルやこれから揃えるタックルに表示されてない部分の適合値がありますのでご購入の際お問い合わせください。

 

カンパチジギングは近海ではあまりできないゲームです。関東ですと、近くって伊豆、豆南諸島になります。ほとんどの場合は、遠路はるばる狙いに行きます。

 

その中でいい天候の条件で、いい潮の条件で、超大型サイズがかかることは、一生に1回のチャンスかも知れません。本当のワンチャンのみかもです。

 

その中で、安心してファイトする為に、メインで使うタックルは出来たら毎回新品のラインにしましょう。営業でもなんでもなくて、大型サイズとの出会いは本当にレアですからね。

 

次回はリーダー編をお送りしますねー

f:id:ebbflow:20190914115315j:image

 

さっきのどれだけ大きな魚をアングラーが狙うかという件ですが、いずれGT編でも書こうと思ってますが、、、、

 

GTは10キロサイズ以下が来るか、70キロオーバーが来るかわかりません。大型程チャンスが少なく難しいので、リーダーも最低200ポンド以上、PEも最低新品の8号はセッティングされた方がいいと思います。

 

超大型サイズのGTを狙ってる方は、さらに200ポンドリーダーの前に100号を2本撚りにしてつけてます。超大型のGTのゼイゴで叩かれるとあんなに太いリーダーが本当にあっさり切れてしまいます。バイト数が少ない魚程、超大型がかかったときに備えるといいと思います。

 

また以前のツアーで、疲れたから5号タックルで何気なく投げたら推定70キロサイズがかかりとれなかったこともありました。不思議と、ライトタックルには良く大型魚がかかります。

 

今までの経験は非常に大切ですが、、、、どの魚種も超大型サイズは今までの釣りの経験が邪魔をする場合が多いです。

 

「今までこれで獲れたからこのタックルで大丈夫」という過信が、人生最大のワンチャンを逃す場合がありますので最後に付け加えておきます。

f:id:ebbflow:20190914122641j:image

 

 

 

ソルトワールド入荷しましたー

f:id:ebbflow:20190912224811j:image

 

いよいよ暑かった夏も終わり、蝉の鳴き声がコウロギの鳴き声に変わって来ましたね。

 

季節の変わり目ですが、今が実は釣りものが多い季節です!夏の魚も秋の魚も狙えます。

 

五島列島では大型ヒラマサも上がって来たみたいですので、いよいよ秋のヒラマサ&ブリシーズンも目前ですねー

f:id:ebbflow:20190912230057j:image

是非、ラインの巻き替えや小物の準備などでのご来店お待ちしております!面白いルアーなどもあるかも知れませんので宜しくお願い致します。

 

あと中古ロッドが、過去1番充実してるかも知れません。ざっと50本は超えるストック量です。めったに出てこないリールの中古もあります。こちらも徐々にWebショップにアップして行きますが、店舗で先にチェックするのもありです。

 

宜しくお願い致します。

f:id:ebbflow:20190912225801j:image

(昨年の隠岐の島遠征でキャッチできた28キロのヒラマサです〜もっとデカいのいますよ!)

 

秋シーズンの遠征は、10月隠岐の島、11月五島列島ステイタス、12月サンライズと青物メインで行きます!

 

近海遠征は、今月がバラムツ、10月が東北方面、11月〜12月が伊勢湾や輪島方面を予定しております。ジギングのレベルを上げたい方は、伊勢湾や日本海のブリがオススメです。詳細はスタッフまで是非!

f:id:ebbflow:20190912225944j:image

 

入荷情報ですー

 

しばらく売り切れてました新規格対応のライフジャケットも揃って来ましたよー

f:id:ebbflow:20190912230206j:image

帽子や手袋も充実してます!

f:id:ebbflow:20190912230239j:image

宜しくお願い致します。

えぶろぐ日記 その2 カンパチジギング ロッド編

本日は台風の影響で大渋滞( ´;ω;` )

 

通常20分ちょっとの通勤時間が、早めに出て4時間運転しても半分もたどりつけませんでした。本日は大変申し訳ありませんが、夜の営業のみとさせていただきます。道路が麻痺してますので商品の発送は明日からとなりますがご理解いただけましたら助かります。

f:id:ebbflow:20190909155256j:image

えぶろぐ日記 その2  カンパチジギング ロッド編を書かせていただきます。

 

カンパチのジギングをする時、ロッドはスピニングとベイトの選択肢があります。共にメリットデメリットがあると思います。

 

ベイトのメリットは、ラインの抵抗が少ない為ジグのフォールスピードが早く、ラインの糸ヨレも少ないので、より細いラインを使う事ができます。細いという事は、200M前後のディープエリアも楽に攻められますのでメリットは多いと思います。

f:id:ebbflow:20190909155715j:image

ベイトのデメリットは、リールがロッドの上ポジションに来るので慣れもありますが、ホールドのしにくさはあります。

 

あとは大型のベイトだとレベルワインダーがないので、糸を回収する時に並行にラインが巻き辛く、ライントラブルの元になる場合が多いです。ただ、これも少なめに巻いたり、慣れたら大丈夫です。

 

慣れてしまえばベイトのジギングはメリットが非常に多いことがわかります。

 

スピニングでのジギングはどうでしょう?

 

フォールスピードは、ベイトに比べ遅く、糸ヨレが多いです。ラインローラーの接触により、ライントラブルは非常に少ないものの、超大物の場合ラインの劣化が気になります。従って、常に新しいラインを巻く事が必要になります。

 

色んなデメリットもありますが、メリットもあります!

 

キャスト距離を長くする事が出来る為、幅広く横に探る事ができます。またリールポジションが下にあるので、安定したファイトをする事が可能です。ロッドベルトを使用すれば、ロッドの性能を活かしたファイトが可能です。

 

スピニングタックルの最も、メリットがあるのは、ルアーアクションだと思います。アクションのスピードも早く、バリエーションも多く出来る事が出来ると思います。

 

しかし、これも、慣れの部分がありますが、、、、

f:id:ebbflow:20190909155435j:image

結論的には、両方を使いこなせば、1番良いんでしょうが、慣れてるタックルのテクニックを磨く事が1番だとは思います。

 

しかし、スピニングとベイトで左右の腕を使えば、疲労が少ないので、両方のタックルに慣れて行く経験を積み重ねることが結果的には、最も楽だとは思います。

 

慣れ慣れと書きましたが、カンパチで使うヘビータックルは近海で、どこで慣れればいいでしょう?そこが最も大きな課題だと思います。

 

私は、近海では7月〜12月シーズンはバラムツアブラソコムツフィッシングでタックルに慣れ、経験値を上げるようにしてます。

 

相模湾などのキハダマグロも貴重なターゲットだと思います。

 

いざ大型のカンパチが来た時に対処出来るように備える事は非常に大切です。

 

 

次回に続く

 

f:id:ebbflow:20190909155602j:image

 

 

 

 

 

 

 

台風の影響の為午前中の営業はおやすみさせていただきます。

自宅から4時間近く運転してますが、大渋滞でお店にたどりつけません。

 

大変申し訳ありませんが、午前中の営業はおやすみさせていただきます。

 

宜しくお願い致します。店長

”えぶろぐ 日記その1 カンパチジギング エリア編”

http://ebbflow.co.jp/ エブアンドフローWebサイトはこちら!

 

9月1日〜9月6日午前中まで、小笠原ツアー中でした!

お休みいただきまして申し訳ありませんでした!

 

その道中のおがさわら丸の中で書いた“えぶろぐ日記”を宜しければお読みください。

(釣果報告は、後日させていただきます)

 

日記の内容は、筆者(店長)がオフショア歴約25年の経験に基づいた内容ですので、さらに経験値が加わると、今まで常識だったことが非常識に変わることもあります。あくまでも私の現在の考え方です。正しい、正しくないは皆様が経験されてからご自身でご判断ください。ネット社会ですので、いろんな情報は簡単に手に入れられますが、その中の一つとして、参考になれば幸いです。

 

ショップツアー中に、ご注文いただいております荷物の発送は、戻り次第順次行わせていただきますので、大変申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

 

なお、エブアンドフロー フィッシングツアーは毎月行っておりますので、是非、皆様のご参加をお待ちしております。夢を追いかける初心者の方のご参加大歓迎です。もちろん、いきなり全てのタックルを揃える事はなかなか難しいので、足りないタックルは無料レンタルさせて頂いておりますので、詳細は店舗までご相談ください。宜しくお願い致します。

*エブフロツアーの参加御条件は、弊店舗でタックルを揃えていただければそれだけで大丈夫です。

 

f:id:ebbflow:20190907123529j:plain

(都築氏の初日にキャッチしたカンパチ) 

えぶろぐ日記 その1  カンパチジギング エリア編

 

 フックにかかった瞬間、猛然と根に一直線に突っ走るのカンパチのジギングは非常に魅力的です。掛かった瞬間の緊張感はカンパチジギングの最も魅力的な所だと思います。そのカンパチを釣る場所ですが、、、

 

現在、エブフロツアーでカンパチ狙いで行っているエリアは、吐噶喇列島、小笠原諸島男女群島与那国島沖縄本島エリア、種子島周辺海域を中心に開催しております。

 

もちろん、この場所以外のエリアでもカンパチは釣れます。豆南諸島〜八丈島青ヶ島や四国、南九州でも海外エリアでも釣れています。

 

エリアによって様々な特性があります。狙う水深、潮の速さ、釣れるサイズなどです。

 

例えば、与那国島エリアは水深は深い(100m〜250m)のですが、潮はそこまで速くない場合が多く、場所により根もそれほどキツくないので魚のキャッチ率が高かったりします。

 

現在、向かってます小笠原エリアは、水深も比較的浅い(50〜150m)のですが、魚のサイズも大きく、根ズレ率も高いので同じカンパチでもタックルの差がかなりあることがわかります。

 

同じ吐噶喇列島でも潮が早いエリアと、そうでもないエリアが混在しておりますので、あとはそのエリアの船長さんがどんな釣りを展開するかがタックルセレクトの重要な点になるでしょう。

 

今後、ロッド、リール、ライン、リーダー、ノット、ルアー、ルアーカラー、テクニックなど徐々に書かせていただきたいと思います。

 

ただし、詳細までは、ここでは触れませんので、さらにエリアの詳細などは店舗にてお尋ねください。よろしくお願いいたします。

 

f:id:ebbflow:20190907123819j:plain

(久保田氏の初シマアジ 小笠原 父島周辺にて)

最後に、今回の小笠原エリアで使用した私のタックルの一覧を書かせていただきます。

 

 

ロッド パッションズ ホーク 50XH(プロト)、ネーチャーボーイズ アイアンウィルIWPS-595+PF、ロタシオン ベルサリオ58S(プロト)、リップル オーシャンアロー568、リップルオーシャンアロ−5210B

 

リール ソルティガ6500EXP、5000H、マーフィクス

 

ライン PE8号、リーダー フロロ90LB

 

ルアー アンチョビットシャープ330g、180g、スキル380L、520L、スキルガンマー280g、ワイルドギャンブラーダイナ200g、鉄ジグ ディープローバー 600g

f:id:ebbflow:20190907123947j:plain

 (アンチョビットシャープ330gは潮の緩い渋い時に絶大なる効果があります!)

という感じです。

 

 

 

 

えぶろぐ日記 その2  カンパチジギング ロッド編

に続く。。。

 

入荷商品情報の間に時々、挟んで不定期に更新します。ご了承ください。